Chrome OSのLinux環境に MATE Terminalをインストールする

ChromebookのLinux開発環境にMATE Terminalをインストールしたときのインストール手順となります。
GNOME 端末(GNOME-terminal)とxfce4-terminalをインストールしましたが、日本語入力しようとMozcを起動するのですが、変換候補ウインドウが表示されなかったり、変な場所に表示されたりと…
MATE Terminalは問題なくMozcが動作しましたので、本記事を公開している時点(2021.8.18)は MATE Terminalをオススメします。

Chrome OSにLinux開発環境をインストールする手順や日本語環境の構築については、以下の関連記事を参照ください。

使用したChrome OS

Linux 開発環境

$ lsb_release -dr
Description:	Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:	10

関連記事

MATE Terminalをaptコマンドでインストールする

以下の手順でMATE TerminalをChrome OSのLinux開発環境にインストールします。

  1. Linuxアプリにあるターミナルを起動します。
    01.png
     
  2. 以下のコマンドを起動したターミナルに打ち込みenterキーを押します。
    Linux開発環境を以下のコマンドでアップデートします。
    sudo apt update && sudo apt upgrade -y
     
  3. 以下のコマンドをを起動したターミナルに打ち込みenterキーを押します。
    MATE Terminalがインストールされます。
    sudo apt install mate-terminal -y
     
  4. 以下のコマンドをを起動したターミナルを終了します。
    exit

MATE Terminalの確認

Linuxアプリに MATE Terminal アイコンがあるはずです。

02.png
 

MATE Terminal を起動し、インストールし neofetch コマンドを実行したキャプチャになります。

03.png
 

以上、Chrome OSのLinux環境にMATE Terminalをインストールする手順でした。


添付ファイル: file03.png 10件 [詳細] file02.png 9件 [詳細] file01.png 6件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-02 (木) 20:02:19