Chrome OS の Linux開発環境にインストールした Visual Studio Codeを日本語化する

Chrome OSにインストールした Visual Studio Code の日本語化する記事になります。
Chrome OSのLinux開発環境をインストール(有効化)する手順や日本語化などについては、以下の関連記事を参照してください。

Linux版のVisual Studio Codeをインストールしましのたで、他のLinuxでも同様の操作で Visual Studio Code の日本語化は可能です。
Windows, macOSでも同様の操作で日本語化できるはずです。

関連記事

使用したChrome OS

Linux 開発環境

$ lsb_release -dr
Description:	Debian GNU/Linux 10 (buster)
Release:	10

Visual Studio Code に Japanese Extension をインストールする

以下の手順で日本語拡張機能をインストールし再起動すると、メニューやメッセージが日本語で表示されるようになります。

  1. Visual Studio Code を起動します。
    以下、Chrome OS のキャプチャになります。
    01.png
     
  2. 左側の拡張機能 ext.png をタップまたはクリックします。
    左下のメッセージが表示されている場合は、「インストールして再起動」をタップまたはクリックすれば、メニューやメッセージが日本語化されます。
    11.png
     
  3. japanese と入力します。
  4. 日本語拡張機能が表示されます。
  5. Install ボタンをタップまたはクリックします。
    12.png
     
  6. 拡張機能のインストール完了メッセージと再起動を促すメッセージが表示されるので、Restart をタップまたはクリックします。
    13.png
     
  7. 日本語になっているのことを確認できます。
    14.png
     

以上、Chrome OSのLinux開発環境で動作している Visual Studio Code を日本語化する手順でした。


添付ファイル: file01.png 8件 [詳細] file14.png 8件 [詳細] file13.png 7件 [詳細] file12.png 8件 [詳細] file11.png 10件 [詳細] fileext.png 7件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-02 (木) 20:01:56